自分で抜いたところがゴマのように黒くなっていますが、脱毛すると綺麗になりますか?

皮膚の中のゴマ状の黒ずみの正体はいくつか考えられます。まず毛を抜いたあとに毛穴が大きく開いてしまい、そこに垢が蓄積されてゴマ状になっている場合です。これはピーリングなどで垢を取り除くと改善します。

 

もう一つの可能性が自己処理をしたときに起こりやすい埋没毛です。毛抜きやカミソリで毛を処理したあと、毛穴の表面が閉じてしまい、次に生えて来た毛が体表に出ることが出来ず、毛穴の中に閉じ込められておこります。

 

毛穴の中で伸び続ける毛は小さく丸まり、まるで黒ゴマが皮膚の下に埋まっているように見えます。放置しても自然に出てくることは滅多にありません。

 

確実に取り除くには皮膚の表面を切開するしかありませんが、自分でやると危険ですし出血することもありますので必ず皮膚科に相談してください。こういったトラブルを防ぐために、脱毛エステやクリニックでプロの方に施術してもらうのがベストです。

 

レーザーを使った脱毛方法は皮膚表面を傷めないため、毛穴の開きや閉塞をおこしません。そのため埋没毛のトラブルとも無縁です。埋没毛ができると見た目が悪いだけでなく毛穴内で炎症を起こして大きく腫れたり膿んでしまうこともあります。

 

きれいな素肌のためにも埋没毛を避けることは必須といえるでしょう。レーザー脱毛ならすでに出来てしまった埋没毛もきれいに処置しながら脱毛ができます。このように自己処理では肌のトラブルリスクが常につきまといますので、専門のエステやクリニックに行くことをおすすめします。

関連ページ

自分で脱毛クリームを使うよりも、サロンなどに通ったほうが良いのですか?
ご自身で脱毛クリームを使って除毛している方も多いのではないでしょうか。脱毛サロンに通った方が高い料金が掛かるということで行かない人も多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。